何故リフォーム業者相見積もりを依頼するのか?

>

相手の事を考えているかが分かる

提出期限を決める事は重要です

相見積もりを依頼する際に、予算や提出期限を明確に知らせる事で、リフォーム業者側も段取りをしっかりと取る事も出来ますし、下請けに依頼する際にも安心してお願いする事が出来るからです。
最終的に依頼するリフォーム業者を判断するポイントにもなります。
期限の設定についてですが、約1週間くらいから10日位先の日を設定して提出をお願いするようにしましょう。

はっきりと、依頼する側も日付を提示する事で、リフォーム業者の仕事に対する姿勢や誠実な点が見えてくると言います。
見積もり依頼に関しても、同じ内容をきちんと伝えておく事です。
競合先がある事で、リフォーム業者も会社の利益だけではなく、依頼者側のメリットになるような事についてもきちんと考えてくれるようになります。

リフォーム業者によって提出が遅れた場合

きちんと、前の記事でも紹介したように、期限を決めたにも関わらず、リフォームに関しても見積もりが遅い業者も出て来る場合があるようです。
その際の対処法について説明したいと思います。
依頼者側から連絡をしても、中々明確な返事が貰えない場合や、連絡しても出ないのであればすぐに別のリフォーム業者に替えて再度依頼をするようにしましょう。

このような対応が遅いリフォーム業者はアフターケアも適当でトラブルがあってもきちんとしてくれない事が多いそうです。
リフォーム業者側の言い訳もあると思いますが、そのような対応をした時点で依頼した側は丁寧に断るようにしましょう。
そうする事で満足のいくリフォームをする事が出来るようになります。


この記事をシェアする