何故リフォーム業者相見積もりを依頼するのか?

>

自分の予算内の金額で納める為

会社ごとに同じ条件を提示する

相見積もりを依頼する際には、必ずどのリフォーム業者に対しても同じ条件を提示して依頼する事がマナーの一つでもあります。
見積もり依頼が全てバラバラでは比較が出来ません。
いくら複数のリフォーム業者に依頼してもそれでは意味がなくなってしまいますし、相手にも失礼にあたるのです。

なので、内容に関しては同じ条件でお願いする事が重要です。
前の記事でも紹介したように、沢山のリフォーム業者に依頼するのではなく、いくつかピックアップして自分に無理のない比較が出来るようにしましょう。
安く済ませたい気持ちは分かりますが、あまり多くの所に依頼してしまうと打ち合わせにも時間がかかりますし、印象が悪くなってしまうので注意した方が良いです。

他社の見積もりは見せない事です!

通常であれば、リフォーム業者も自分の所に決めて貰いたい為に、大幅に値下げをしてくるかまたは、値下げ交渉をしようと言ってくる場合があります。
その時に、他社の見積もりを見せて欲しいと言ってくる所もあると言いますが、絶対に見せてはいけません。
その理由についてですが、常識的に考えてマナー違反になりますし、他のリフォーム業者との信頼関係を壊してしまう事になります。

あまりにも安い値段を提示してくるリフォーム業者にも注意が必要になります。
その分、施工内容が雑だったり安い素材を使ったりして金額を詐取するかもしれないからです。
値下げ交渉は大事ですが、最初にとても安い金額を提示してくる所には注意をして、安全かどうかをネット検索をして調べてみるのも良いかもしれません。


この記事をシェアする